写真「水のみやこ江戸・東京を歩く」編

びといんが撮影した、2012/07/28に開催した「水のみやこ江戸・東京を歩く」の写真です。
今回のテーマは東京駅を起点に、日本橋川及び隅田川沿いを中心に、佃島・越中島方面へ巡り、川や湾及びその周辺のまち並みを楽しむ。というものでした。

まずは新丸の内ビルディングの7階テラスから、耐震改修工事が終了間近の東京駅丸のうち駅舎を見学。耐震改修にあわせて、開業当時の外観に復元する改修も行われ、この春に外部足場が撤去され、その雄姿を見られるようになった。
老舗大型商店(及びその建物)や日本経済の中枢を抱える日本橋の各町。合間に橋を越えつつ川風に心身を癒される。
そして、新川町に入ったあたりから、徐々に懐しげな町並みに変っていき、中央大橋を渡り、佃島に入ると……。
良いか悪いかはともかく、そこはもう、「昭和40年代」のままの世界。再開発により立ち並んだ高層マンションに囲まれた「リアルな昭和」。

※各写真をクリックすると大きく表示されます(この一覧ページへ帰るには、ブラウザの「戻る」でお願いします)。